Blog Divaのブログ

Diamond Fluorescent について

2020.12.19

ダイヤモンドの蛍光性についてです。天然のダイヤモンドの中には、波長の短いX線や紫外線など、肉眼では見えない特殊な光を受けると蛍光を発するものがあります。ダイヤモンド・グレーディング・レポート(宝石鑑定書)にある「蛍光性」は、そのダイヤモンドが特殊な光源下で放つ蛍光の色調や強さを示す項目です。ダイヤモンドは炭素の集結で生成されますが、その過程で窒素や水素など他の物質が混じり合って結晶となることがあります。この炭素以外の物質が紫外線に反応することで蛍光が起こります。紫外線を身近に感じることができる例が、紙幣やパスポートの真偽チェックに使われるブラックライトです。 ブラックライトは波長315〜400nmの長波長の紫外線で、蛍光性インクを使用した紙幣やパスポートに当てると普通の照明や自然光では見えない絵や文字が浮かび上がります。他にも、クラブやカラオケボックスなどブラックライトを利用した場所で衣類が青や黄などに発光した経験はないでしょうか。この現象と同じような原理で、天然ダイヤモンドの中には青や黄色などの蛍光を発するものが存在するのです。基本的に蛍光があるものが「良い・悪い」ということではなく、4Cの品質とは関係がありません。一般的に蛍光が含まれない「None」のダイヤモンドが、同一品質であれば最も高く取引される傾向にありますが、蛍光性はカラーや輝きには影響を及ぼすことはありません。「蛍光性があると品質が悪くなる」ということではないのです。蛍光性は4C評価の要素に含まれておらず、あくまでダイヤモンド一つひとつを識別するための追加情報として位置付けられています。

News Divaからのお知らせ

2021.04.18
江の島ホテルにて『あこや真珠 珠出し体験&アクセサリー』開催!
2021.04.18
15th Wedding Anniversary について
2021.04.11
14th Wedding Anniversary について
2021.04.10
春のSAKURAネックレス。Diva Orsettaオリジナルデザイン。
2021.04.04
13th Wedding Anniversary について

Showroom Divaのショールーム

FAQ よくあるご質問

WEBサイトに掲載されている以外でオリジナルのデザインでジュエリーを作ることはできますか?

フルオーダーのご注文も承っております。お客様のデザインの参考となる写真をご呈示いただき、弊社とやりとりをしながらオリジナルのデザインで型を作りジュエリーを制作する事が可能です。料金にはデザイン代、型代、地金代、ダイヤモンドをジュエリーに固定する石留め代などがかかります。制作期間やお見積もりなど具体的なご要望はお電話もしくは「お問い合せフォーム」よりお問い合せください。

WEBサイトに掲載されていないピアスやネックレス用に大きなカラットのダイヤモンド、またマーキスなどのファンシーカット、ファンシーカラーのダイヤモンドも探しています。取扱いはありますか?

どのようなダイヤモンドでもお探しし、ご用意させていただきます。Diva Orsettaでは海外のダイヤモンド研磨会社から直接輸入をしており、世界でも最高峰の技術を誇るダイヤモンド研磨工場にて研磨したダイヤモンドのみを取り扱っております。お客様のご要望に合ったダイヤモンドを世界中からお探し致します。お気軽に「お問い合せフォーム」よりお問い合せください。

ダイヤモンドはどのように仕入れているのですか?

弊社では世界最大のダイヤモントの市場があるインドのサイトホールダーから仕入れた原石を研磨する業者から直接仕入れし、厳しいプロの目で厳選した高いカットクオリティのダイヤモンドだけを日本国内での中間業者を介さず直接輸入販売させていただいております。

ジュエリーをプレゼントしたいのですが。オーダーする人と、送り先の名前が違っていても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。備考欄にその旨ご記入ください。その場合、納品書はオーダーされたお客様へお送りいたします。
copyright © ディーヴァオルセッタ All rights reserved