Blog Divaのブログ

Diamond Color について

2020.12.14

ダイヤモンドの4Cのカラーについてです。ダイヤモンドの色彩の違いは、素人の目では判断できないほど微細な場合もありますが、その微妙な差異がダイヤモンドの品質価値に大きく影響します。無色透明の最高カラーDから始まり色味を次第に増していき、色が最も濃いライトと呼ばれるZまで、23段階に評価されます。カラーグレードが、なぜDから始まるのか不思議に思う方もおられると思います。GIA(米国宝石学会)によるとカラーグレーディングスケールを開発する以前は、アルファベット(A・B・C、最高級の石には複数のAを使用)や、アラビア数字(0・1・2・3)およびローマ数字(I・II・III)など様々な記号システムが漠然と使用されていたそうです。そのため、これら旧体制のカラーグレーディングシステムは一貫性を欠き不正確だったため、そこでGIAは以前のシステムとは一切関連のない新しいシステムを設立しようと、これまで最高品質に関連付けられていなかったアルファベットの“D”から始めたとしています。Dから始まり23段階あるカラーグレードですが、カラースケールには、5段階の色範囲があります。無色のカラーレス(D E F)、ほぼ無色のニアカラーレス(G H I J)、ごくかすかな色味のフェイント(K L M)、かすかな色味のベリーライト(N O P Q R S)、色味ありのライト(T U V W X Y Z)があります。ダイヤモンドはそれ自体が光を発しているわけではく、ダイヤモンドに注がれた光を反射して輝いているように見えているため、私たちが見ている輝きの色は反射された光の色の作用が占めるところが多く、光を効果的に反射させる美しいカットのダイヤモンドほど、色味が美しく感じられます。

News Divaからのお知らせ

2021.04.18
江の島ホテルにて『あこや真珠 珠出し体験&アクセサリー』開催!
2021.04.18
15th Wedding Anniversary について
2021.04.11
14th Wedding Anniversary について
2021.04.10
春のSAKURAネックレス。Diva Orsettaオリジナルデザイン。
2021.04.04
13th Wedding Anniversary について

Showroom Divaのショールーム

FAQ よくあるご質問

WEBサイトに掲載されている以外でオリジナルのデザインでジュエリーを作ることはできますか?

フルオーダーのご注文も承っております。お客様のデザインの参考となる写真をご呈示いただき、弊社とやりとりをしながらオリジナルのデザインで型を作りジュエリーを制作する事が可能です。料金にはデザイン代、型代、地金代、ダイヤモンドをジュエリーに固定する石留め代などがかかります。制作期間やお見積もりなど具体的なご要望はお電話もしくは「お問い合せフォーム」よりお問い合せください。

WEBサイトに掲載されていないピアスやネックレス用に大きなカラットのダイヤモンド、またマーキスなどのファンシーカット、ファンシーカラーのダイヤモンドも探しています。取扱いはありますか?

どのようなダイヤモンドでもお探しし、ご用意させていただきます。Diva Orsettaでは海外のダイヤモンド研磨会社から直接輸入をしており、世界でも最高峰の技術を誇るダイヤモンド研磨工場にて研磨したダイヤモンドのみを取り扱っております。お客様のご要望に合ったダイヤモンドを世界中からお探し致します。お気軽に「お問い合せフォーム」よりお問い合せください。

ダイヤモンドはどのように仕入れているのですか?

弊社では世界最大のダイヤモントの市場があるインドのサイトホールダーから仕入れた原石を研磨する業者から直接仕入れし、厳しいプロの目で厳選した高いカットクオリティのダイヤモンドだけを日本国内での中間業者を介さず直接輸入販売させていただいております。

ジュエリーをプレゼントしたいのですが。オーダーする人と、送り先の名前が違っていても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。備考欄にその旨ご記入ください。その場合、納品書はオーダーされたお客様へお送りいたします。
copyright © ディーヴァオルセッタ All rights reserved